カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

L298使用 2A デュアルHブリッジ DCブラシモータードライバー

Numato Labの製品。モータードライバーIC、L298を使用し、2個のDCブラシモーターの正転・逆転制御を行うことができます。PWM信号入力を行うことにより、速度制御もできます。
PIC、AVR、Arduinoなどのマイクロコントローラーでのモーター制御に便利です。

L298使用 2A デュアルHブリッジ DCブラシモータードライバー

価格:

2,200円 (本体 2,000円、税 200円)

購入数:

2個のDCブラシモーターを制御
電源電圧6.2~46V、最大電流2AまでのDCブラシモーターを2個まで制御することができます。模型によく使われる、FA-130、RE-140、RE-260、RE-280などのモーターは、適正電圧が3Vなので使用することはできません。

モータードライバーIC L298を使用
DCブラシモーター制御によく使われるL298を使用しています。

Hブリッジで制御
Hブリッジ制御により、2個のモーターの正転・逆転、ブレーキ、フリーの制御を行うことができます。

放熱器付きで2Aまで使用可能
放熱器(ヒートシンク)が付いているため、2Aまでの電流で使用することができます。

PWM信号による速度制御も可能
Enable端子にPWM信号を入力することにより、速度制御を行うこともできます。
ただし、保護ダイオードのスイッチング時間の関係上、あまり周波数の高いPWMでは使用できません。


仕様
モーター電圧(電源電圧) 6.2~44V
モーター最大電流 2A
ロジック制御電源(5V)は、モーター用電源をボード上のレギュレーターIC、LM317で降圧します。LM317の入出力差が1.2V以上のため、モーターの電圧の下限が6.2Vに制限されます。また、LM317の入出力電圧差が最大40Vのため、電源電圧の上限が44Vに制限されます。

L298データシート

入力ロジックレベル TTLレベル
 L 0~1.5V
 H 2.3~5V

入力端子 端子台
+VDC 電源+
-VDC 電源-

入力端子 ピンヘッダー
G ロジックグランド(制御入力のGND)
E モーター2のEnable
I3 モーター2 制御2
I4 モーター2 制御1
I2 モーター1 制御2
I1 モーター1 制御1
E モーター1のEnable
G ロジックグランド(制御入力のGND)

出力端子 端子台
M4 モーター2出力
M3 モーター2出力
M2 モーター1出力
M1 モーター1出力

制御
E=H、I1=H、I2=Lでモーター1が正転
E=H、I1=L、I2=Hでモーター1が逆転
E=H、I1=L、I2=Lでモーター1がブレーキ停止(モーターの入力を短絡した状態)
E=H、I1=H、I2=Hでモーター1がブレーキ停止(モーターの入力を短絡した状態)
E=L モーター1がフリー停止

E端子にPWM信号を加えると、速度制御を行うことができます。

接続例
L298接続例

ページトップへ